DSP広告のメリット、デメリットとは

最近普及してきているアドネットワーク(Ad Network)というデジタル広告配信の新しい仕組みを利用した「DSP広告」ですが、そのメリット、そしてデメリットとはなんでしょうか。
また、広告主にとっておすすめのウェブプロモーション代行会社についても軽く紹介したいと思います。

まずDSP広告のメリットとして一番に思いつくのは「誰に配信するか」という、ユーザーへ向けた広告配信ができるようになることです。
DSP広告というものは、特定のwebサイトや広告枠に表示されるという従来の形ではなく、ユーザーのデータを分析し、一人一人にあった広告を選択して配信するというシステムです。
これは、よりユーザーに寄り添った広告配信の仕組みであり、大きなメリットといえるでしょう。
反対にデメリットといえば広告費の他にも費用が必要になってしまうという点や、広告の配信先がわからないため、次の広告掲載への施策が立てられないといった、配信方法が進化したがゆえの問題が挙げられます。

しかし、そういったデメリットを含めても、ネット社会である現在には必要不可欠であり、これからもっと進化していくであろうことが推測されます。
そこでおすすめなのがWeb広告運用を代理してくれる「NDPマーケティング」という会社です。
ここではDSP広告に限らず、さまざまなサービスを取り扱っているため、よくわからない方にこそ、このような代行サービスを利用することで流れについていくことができます。
まずはNDPマーケティング公式サイトへ足を運んでみてください。